大手サイトを選ぶ

安全に利用できる

大手サイトを選ぶ

悪徳サイトも多い

医薬品個人輸入代行サイトというのは非常に素晴らしいですよね。

今までは病院に行くことでしか手に入れることが出来なかった医薬品を24時間いつでもどこでもクリック1つで注文をして後は家に届くの待つだけで良いわけですから本当に便利です。

こういった便利なものには必ず悪用する人が出てきます。

事実、偽物の薬が多く出回っているのも事実ですので十分に気をつけるようにしましょう。

多くの病院で偽物の薬に注意してください。医薬品個人輸入代行サイトを利用しないように促しています。

医薬品個人輸入代行サイトを使わないで下さいと言うのは完全に商売敵だからだとそう言っているのかな?って思ってしまいますが、何はともあれ医薬品個人輸入代行サイトを利用する際には悪徳業者がいると言うことは十分に気をつけるようにしましょう。

とはいえ、基本的に大手サイトを利用すれば問題ありません。

ではどんなサイトが大手サイトなのかの判断基準について紹介します。

【会社情報の記載の有無】
会社情報が正しく記載されているかどうかはまず基本中の基本です。

この会社情報が正しく記載されていないところなんて利用したくもありません。

また海外に拠点を置いていたとしても日本の利用者向けに作られているのであれば日本語で書かれているほうが安心できますよね。

見るべきポイントとして会社名・連絡先・責任者の名前・会社の住所です。

特にすぐに調べられる会社の住所は必ず調べておきましょう。グーグルマップなどで調べればどんな状況なのかすぐに見ることが出来ると思います。

悪徳業者の中には偽の情報があって、指定された住所を調べてみたら更地だったと言うケースもありますので調べておきましょう。

医薬品個人輸入代行サイトのみならずどんなサイトを利用するに当たっても必ず確認をする事が望ましいです。

【利用者の数】
利用者の数が多いかどうかと言うのはとても重要な要素です。

どんなところでも同じことが言えますが、利用者が多ければ多いほど信用があるということですよね。

また運営側も信用を壊さないようにするためにしっかりと正規品を売るほうがリスクが少ないですし、長く利用されるわけですから運営としてもまじめな運営をしたほうがいいわけです。

もし粗悪品や偽物の薬を売っていたらあっという間に広まってしまうことも懸念されるわけですから利用者の数と言うのは非常に重要な要素になるわけです。

多くの利用者が集まるサイトを利用しましょう。

【運営歴の長さ】
運営歴も利用者の数と同じように重要な要素です。

悪徳サイトと言うのは何度も会社名を変更したり、サイト名を変更したりして、バレないようにするのです。

運営歴が長ければ長いほど信用に繋がっていくわけです。

最低でも1年以上運営をしているところ、出きる事ならば3年以上は運営をしている所を選ぶようにしましょう。

もちろん1年未満でもこれからまじめに運営していこうという会社はたくさんあるかもしれませんが、優良サイトか悪徳サイトかの判断は出来ません。

ですから安全面を考慮するのであれば運営歴の長さは重要な基準となります。

大体この3つが大手サイトを選ぶ基準となります。

ただし、勘違いをしてはいけないのはどれか1つに当てはまるものではなくて、この3つ全てに当てはまるものを利用すべきです。

何の考えもなしに利用して騙されてしまったではもう無理な時代です。

自分が購入するものにはそれなりに自分で調べる時代としてしっかりと調べてから利用するようにしましょう。

↑ PAGE TOP