ED治療薬の併用禁忌薬

意外な薬が当てはまる

ED治療薬の併用禁忌薬

持病持ちは必ず医師に相談

ED治療薬はこれまでに沢山の勃起不全に悩む男性だけではなくて、パートナーをも救ってきた薬です。

世界中の人を救ってきた画期的な薬であることは間違いありません。

しかし、残念ながら利用できない人もいるわけです。

基本的に持病持ちの人は必ずED治療専門の医者に相談をするようにしましょう。

そこで判断を仰ぐ必要があるのですが、相談をする時に薬の薬品名もメモをしたり写メをして見せたほうが分かりやすいですし、すぐにその場で判断を仰げると思いますので準備しておきましょう。

中には意外なものが併用してはいけない薬に当てはまっていたりするので気をつけましょう。

全ての薬の商品を覚えるのは無理だと思いますのでまずはどんなものが当てはまるのかを把握しておきましょう。

ED治療薬併用禁忌薬・注意剤リストを詳しく知りたい方はこちらをクリック

【狭心症などの治療に使う硝酸剤系の薬】
ED治療薬と絶対に併用してはいけないものとして必ず注意をして欲しいのがニトログリセリンに代表されるニトロ系の薬です。

この薬はED治療薬と同じように血管を拡張させる働きをします。そのためED治療薬と一緒に併用して服用してしまうと血管が拡張されすぎてしまって血圧を急激に下がってしまいます。

そうなると心臓に負担などがかかり、最悪の場合命に関わることは頭に入れておきましょう。

ニトロ系の薬って何?って思われる方もいると思いますので狭心症などの心臓の病気を患っている方はきちんと医者と相談しましょう。

またニトロ系の薬はタブレット型から張り薬や注射、スプレー、舌下錠、吸入薬など色々なタイプがありますが、どのタイプでも禁止です。

【水虫の治療などで使われる内服の抗真菌薬】
意外なものが併用禁忌として扱われるのがこの水虫の菌などを退治する内服の抗真菌薬は併用してはいけない薬です。

一緒に併用してしまうと肝臓に負担がかかりすぎてしまい、ED治療薬の代謝がされずにED治療薬の効果が強く効きすぎてしまうので併用禁忌薬に指定されています。

水虫と勃起不全は一般の方では全く結びつかないですし、比較的身近な薬であることから驚かれる方も多いと思います。

ただし、口から飲む薬は禁止ですが、塗る薬では大丈夫です。

とはいえやはり念のため相談をしてもいいと思います。

【肺高血圧症で用いられるアデムパス】
最近追加された併用禁忌薬であり、古い冊子には載っていないことがあるため注意が必要です。

アデムパスは肺高血圧症で用いられる薬で、血圧を強く下げてしまう薬です。ED治療薬と一緒に服用してしまうと血圧を下げすぎてしまい危険です。

併用禁忌薬に指定されています。

【HIVの治療薬とC型肝炎の治療薬】
HIVやC型肝炎に対しての薬は肝臓に負担がかかり、ED治療薬を併用してしまうと効果が強く出てしまうので併用禁忌薬になっています。

以上の薬が併用禁忌薬に指定されていますが、医学というのは日々進歩をしていますので新しい薬が禁忌薬に指定されてしまう可能性がありますので十分に注意しましょう。

今現在薬を使っている人は必ずED治療専門の先生に話を聞くようにしましょう。

↑ PAGE TOP