ED治療薬の正しい服用法

正しい服用を心がける

ED治療薬の正しい服用法

命の危険性もある

ED治療薬は被験者データでもおよそ8割の方に効果を発揮すると実験結果で出ており、非常に沢山の方に効果が発揮される優れた治療薬と言えます。

世界中で愛用されており、本当に男性だけではなくて女性までも救われた薬と言ってもいいでしょう。

しかし、ED治療薬というのはしっかりと正しい服用をしないとあまり効果がないと言われていますし、間違った服用をしてしまうとただ副作用だけに苦しんでしまうケースもあります。

また効果をより実感したいからといって大量に服用してしまうのはかなり危険です。

安易に薬だからといって楽観視して1度に2錠とか服用してしまった場合命の危険にまでいたるケースもあります。

こんなにも世界中で利用者が居るのにも関わらず日本ではドラッグストアで販売されていないのにはそれなりの理由があると思ってください。

医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば簡単に手に入れることが出来ますが、その分しっかりと正しい服用方法を知ることがとても大事になってきます。

まず最初にED治療薬は1日に定められている容量と言うのは決まっています。

基本ED治療薬は3つの規格で販売されていますが、その中で主成分が一番多く含まれている企画の場合は1日1錠までです。

例えばレビトラで言えば【5mg錠・10mg錠・20mg錠】の3つがあります。

20mg錠の場合は1日1錠までです。それ以上服用してはいけません。

10mg錠の場合は1日2錠までです。

つまり一番多い含有量の多い容量までなら服用しても問題ないですが、それ以上は服用してはいけないのです。

とはいえ基本的に1日に1錠を守って使うほうがいいです。

服用方法としてはどのED治療薬も空腹時に服用したほうが効果が早く現れてより実感しやすいです。

それはED治療薬の成分がすぐに胃から全身に行き渡るためと胃の中に食べ物などが入ってたら吸収を妨げられてしまいます。

基本的にどんなED治療薬であろうとも空腹状態がベストと思っておきましょう。

またバイアグラやレビトラに関しては空腹状態で無いと効果を発揮しません。

稀にレビトラに関してはちょっとの食事をしても大丈夫と書いてある記事がありますが、レビトラは食事の影響を受けやすいので本当にカロリーの低いものや脂質の少ないもので軽食でつまむぐらいにしておきましょう。

シアリスやアバナに関してもある程度食事の制限は受けないとされていますが、それでも牛丼一杯分(800kcal未満で脂質が30%未満)ですが、なるべくED治療薬を使う日と分かっているのであれば食事量は抑えておきましょう。

飲み方に関しては意外と幅広いです。

水・お茶・スポーツドリンクで飲んでも大丈夫ですし、お酒と飲んでも問題ありません。

ただし、お酒の場合は注意が必要です。

というのはED治療薬は血管を広げて血流を良くします。血流が良くなれば当然アルコールも血流に乗って運ばれます。

ですから普段よりも酔いやすくなるということだけは頭に入れて置くようにしましょう。

ある程度自由に飲むことが出来るED治療薬ですが、2つだけ飲む際に気をつけて欲しい飲み物があります。

1つは脂質の多い牛乳などと飲もうとすると薬の効果が半減してしまうと言う点です。

胃の中を牛乳の膜で覆われてしまい、うまくED治療薬の成分が吸収されなくなってしまいます。脂質の多い飲み物は控えましょう。

またもう1つ気をつけなければいけないのはグレープフルーツジュースなどの柑橘類の飲み物は気をつけるようにしましょう。

グレープフルーツジュースなどに含まれるフラノクマリン酸と呼ばれる成分が薬物の代謝酵素を阻害させる働きがあります。

簡単に言えば薬が効きすぎてしまうということです。

薬が効きすぎるのであればいいことなんじゃないか?って思ってしまうかもしれませんが、副作用も同様に強くなってしまいます。

頭痛やめまいなどで性行為どころではなくなってしまいます。

改めて言いますが、医薬品と言うのは正しい服用方法さえ守ればある程度薬の効果は実感できます。ましてやED治療薬は幅広い人に薬の効果が出ると臨床データでも証明されています。

また日本人の体型ならば真ん中、レビトラやシアリスで言ったら10mg錠で十分だと言われていますので下手に薬の効果を上げようとして副作用に苦しむようなことはしないようにしましょう。

正しい服用法を把握しておくことで長くED治療薬と向き合えるということを覚えておきましょう。

↑ PAGE TOP