勃起不全になる原因

年齢のせいだけではない

勃起不全になる原因

原因を特定することが大事

自分が勃起不全になってしまった!昔だったら自分が性行為中に勃起しない、勃起したとしても中折れしてしまったなんて考えられないですよね。

勃起不全になるなんて俺も歳だなって思って自己解決してしまっている人が多いですが、確かに年齢によって性的欲求自体が沸かなくなったりして興奮しづらくなる気持ちも分かりますが、原因は年齢のせいだけではないんです。

他にも色々な理由があります。

勃起不全を解決しようと思ったら年齢のせいだけにするのではなくて原因を特定することが重要になってきます。

色々な原因でなるのでまずは自分が当てはまるものがあれば抑えておきましょう。

まず最も勃起不全になる原因として挙げられるのが実は「病気のサイン」です。年齢のせいではありません。

主に糖尿病・高血圧・脂質異常症といった生活習慣病の人が勃起不全になると言われています。

特に糖尿病患者に関してはおよそ8割の人が勃起不全を自覚しているということで無自覚を含めたらかなりの数になると思います。

というのも勃起をするメカニズムとしては陰茎海綿体に血流を集めて勃起をするのですが、体内の血流が悪ければ当然勃起しづらくなります。

血液がドロドロの人は集まらないのです。

次に多いのが年齢です。

寄る年波には勝てないと思っているかもしれませんが、常に健康的な生活を送っていればいつまでも若々しく居られます。

年齢のせいにして老け込んでしまうのはいけません。

自分は若い人よりも若い!というぐらいに精神的に若々しさを保つようにしましょう。

また20代・30代の若くて今が男盛りの人が勃起不全になってしまう原因としてはストレスです。

毎日仕事に追われて朝から晩まで働かされてしまい精神的にも肉体的にもへとへとになってしまい性行為をするよりもまずは寝させてくれというほど頑張っているのにも関わらず給料は上がらないで将来の不安もあるという人がかかりやすいです。

肉体的にも精神的にも疲弊しているのに将来への不安がぬぐえなかったら当然気持ちが落ち込んでしまいますよね。

現代病の1つ、うつ病の人は勃起不全になりやすいと言うのがありますが、うつ病の人も勃起不全になりやすいと言われています。

他には事故を起こしてしまって股関節周りの神経を怪我をしてしまったとか、女性のパートナーから心無い言葉「Hが下手」などを言われてしまって性行為自体に苦手意識をしてしまってそのままになってしまって勃起不全になってしまったなどがあります。

勃起不全になってしまったと言うことをただ年齢のせいだけにせずにまずは自分がなぜ勃起不全になってしまったのかの原因を特定するようにしましょう。

また勃起不全は治らない病気ではないので薬に頼らずに再び勃起をしたいと考えている人は勃起不全を自力で治す方法をご覧になってください。

↑ PAGE TOP