ジェネリック医薬品について

新薬と同等の効果が得られる

ジェネリック医薬品について

新薬よりも安く購入できる

ジェネリック医薬品と言うのは日本でも認識されてきていますよね。ジェネリックというのは(後発医薬品)という意味で先に発売されたら新薬の特許期間が切れたことで発売が出来る薬のことです。

新薬と認められたら向こう20年近くは独占的に販売をする事が出来るのです。

ジェネリック医薬品と言うのはED治療薬にもあります。日本の病院では現状バイアグラのジェネリック医薬品しか販売されていませんが、それでも先に発売されたバイアグラの半分以下で買えます。

医薬品個人輸入代行サイトを利用してまとめて購入すれば割引が適用されるので、最高で10分1近くで購入することが出来るのです。

安く買えるとあり、ジェネリック医薬品と言うのが注目されてきていますが、ジェネリック医薬品には効果がないとか言う噂も立っていますよね。

ジェネリック医薬品について改めてしっかりとした認識をする事がとても大切だと思いますので紹介していきます。

ジェネリック医薬品についてまず認識を間違えているのがジェネリック医薬品は消費期限が切れた医薬品ではなくて、特許期限が切れた医薬品です。

だからこそジェネリック医薬品は効果が無いと勘違いしている人もいますが、あくまでも特許期限が切れただけですので安心して利用することが出来ます。

またジェネリック医薬品は特許が切れたら誰もが作って売り出して良いというものでもありません。

厳しい審査があります。

ジェネリック医薬品を製造・販売に至るまでに3年~5年はかかると言われています。

成分が公表されていながらもちゃんと新薬(先発医薬品)と同等の効果がしっかりとした試験を通じて認められないといけないのです。

新薬と同じように薬が胃の中で溶けるのか?新薬と同等の反応を被験者に現れるのかどうか?薬を作る設備がまともかどうかなど、細かくチェックされます。

ジェネリック医薬品と言えども厳しい検査があるということは覚えておきましょう。

だったらジェネリック医薬品を作る意味ってあるの?って思うかもしれませんが、ジェネリック医薬品は何よりもコストを削減することが出来ます。

新薬を開発をするとなると全てではないですが、開発コストが100億円かかることも珍しくなく、開発期間も10年以上かかるケースも多いです。

それほど新しい薬を開発するというのは時間がかかるものです。

しかし、ジェネリック医薬品の場合は開発期間は短く、そしてコストに関しては10分1程度に抑えることが出来ます。

だからこそかなり安く販売をすることが出来るのです。

またジェネリック医薬品が発売される多くは有名な薬で利用者が多い薬に開発されます。

ですから利用者も製造側もお互いの利害が合致するからこそジェネリック医薬品は誕生するのです。

特に日本では国の医療制度によって医療費が国の予算を圧迫していて国単位でジェネリック医薬品を推奨しています。

しっかりと検査で効果があると認められて販売されていて、効果も先発医薬品と同等ながら安く購入できるのでジェネリック医薬品が主流になって来るでしょう。

医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば日本ではまだ販売されていないジェネリック医薬品があります。

その中にはED治療薬もあるのでまだ試したことがない薬もジェネリック医薬品で試してみるのはいいかもしれません。

↑ PAGE TOP