レビトラジェネリック

残りわずかしかない

レビトラジェネリック

>>バリフを購入する<<

特許権の関係がある

日本ではバイアグラジェネリックしかまだ処方されていません。

しかし、海外に目を向けるとED治療薬のレビトラやシアリスのジェネリック医薬品が多く販売されているのです。

先発医薬品よりもジェネリック医薬品のほうが安く購入できると言うこともあって利用者からしてみればかなり助かります。

ED治療薬を服用している人は一回だけではなくて長く利用することになります。

長く付き合うからこそ利用するにあたって安く利用することが出来るというのは大きいメリットだと思います。

ただし、レビトラのジェネリック医薬品は早めに購入をしておかないともうなくなってしまうかもしれません。

と言うのはレビトラのジェネリック医薬品が販売されているのはインドです。

インドは特許に関する認識が他の国とは違います。

だからこそまだ特許期間が切れていないのにも関わらず製造をする事が認められていて、これは色々な製薬会社から反発をかって何度も裁判になり争われています。

そしてレビトラも特許を侵害されたと言うことで裁判所で認められたことによって今後レビトラジェネリックがインドで作られると言うことは当面の間なくなります。

すでに製造されているものは販売をする事が出来ますが、製造が中止になっているのでレビトラのジェネリック医薬品を手に入れることがどんどん難しくなってきます。

ですのでレビトラジェネリックを購入したいと思ったら早めに購入しておきましょう。

レビトラのジェネリック医薬品で有名なのがバリフです。

バリフはレビトラと同様の効果が期待できますが、レビトラのジェネリック医薬品は20mg錠しか販売されていません。

とはいえ普段は10mg錠で効果は十分と言う人は20mg錠をピルカッターなどで半分に割って服用すればかなりお得です。

レビトラの1錠あたりの値段と言うのは大体1800円前後です。

しかし、バリフの場合は1錠あたりの値段は約270円です。

さらに医薬品個人輸入代行サイトの場合まとめて購入すれば割引が適用されて1錠あたり140円で購入できます。

またポイントバックが来るので次回以降はさらに安く購入できるので是非とも在庫がなくならないうちに早めに購入するのをオススメします。

バリフを製造しているアジャンタファーマ社は大手製薬会社であり、インドの株式にも上場しています。

世界2500人以上の従業員が居て、最先端技術の結晶とも言われている5つの工場で作られた医薬品は世界25ヶ国で販売されています。

安心して利用することが出来ます。

普段からレビトラを服用していると言う人は一度レビトラジェネリックのバリフを試してみて効果がレビトラと変わらなければバリフを利用したほうが値段はかなり抑えられます。

なくなる前に購入しておきましょう。

>>バリフを購入する<<

↑ PAGE TOP