ED治療薬とロキソニン

頭痛を抑えてくれる

ED治療薬とロキソニン

気が楽になる

ED治療薬を服用すると様々な副作用が生じてしまいます。

人によって副作用にもバラつきがあります。

その中でも多いのが頭痛です。

血管を拡張させて血流を良くする働きがあるのでどうしても頭痛が起こりやすいのです。

似た症状としてはアルコールを飲みすぎたことで起こる二日酔いがあります。

アルコールを飲んで高確率で頭痛になる人はED治療薬を服用したら同じような副作用が生じると思ってください。

顔の火照りやめまいならばまだしも頭痛と言うのは結構気になるものです。

頭が痛くて性行為が楽しめないと言う人もいると思いますし、体を動かすのが辛いと言う人もいるでしょう。

人によっては性行為どころではなくなってしまったというケースもあるかもしれません。

またその日の体調によっても辛い副作用出てしまうこともあるので副作用が辛いから使いたくないと言う人もいるかもしれません。

副作用で頭痛になる人も多いのでそんな時の対応策としてロキソニンをはじめとした鎮痛剤を使うことをオススメします。

ロキソニンとED治療薬は併用しても問題ない薬です。

またロキソニンの効果は服用してから大体15分ほどで効果が出てきます。

これはED治療薬で即効性がある、レビトラやアバナが効いてくる時間帯とそこまで変わらないので同時に服用して問題ないでしょう。

これならばED治療薬の副作用である頭痛を抑えることが出来るので問題なく性行為をする事が出来ます。

ED治療薬には併用をしてはいけない薬がありますが、ロキソニンは大丈夫と言うことを覚えておきましょう。

ED治療薬の併用禁忌薬はこちらに記載しています。

せっかく勃起不全から立ち直ったのにも関わらず、性行為が辛かったらまた嫌気が差してしまいますよね。

またどうせならば万全の状態で性行為をしたいと考える人も多いでしょう。

だからこそ初めてED治療薬を使って副作用の頭痛がするなって思ったら次回からはロキソニンと併用してみましょう。

今ならばロキソニンのジェネリック医薬品なども販売されていますし、ロキソニン自体もそこまで高い値段ではないですし、今ならばドラッグストアなどでも販売されているので手に入りやすいと思います。

さらに万全を期すのであればロキソニンを空腹状態で服用してしまうと胃が荒れたりしてしまう人も中にはいます。

ですので胃薬も同時に併用すれば性行為後も何の苦もなく過ごすことが出来ますので、最高を求めるのであれば胃薬・ロキソニンとED治療薬の3つを用意しておけばいいと思います。

↑ PAGE TOP