ED治療薬による妊娠の影響

妊娠や胎児への影響はない

ED治療薬による妊娠の影響

あくまでも血流を良くする薬

ED治療薬による妊娠の影響を心配する人も多いです。

というのも妊活中に勃起不全になる男性がかなり多いからです。

妊活の第一歩として行われるのが子供を妊娠しやすい排卵日の2・3日前に性行為を行って着床させるタイミング法と言うのが行われます。

このタイミング法が自然妊娠で最もポピュラーな妊活なのですが、この狙った日に子作りをしなくてはいけないというのが男性としてはプレッシャーになったりします。

ただでさえ妊活中と言うことは夫婦間で早くできればいいなって気がはやっている状態です。

また子供が出来る日と言うのは排卵日しかないわけですので月に1度か2度のチャンスしかないわけです。

絶対に逃れられないタイミングというものがプレッシャーとなってしまって萎えてしまうと言う人もいます。

今までは性的興奮が起こってその気持ちのまま性行為を行っていたものが、必ずしなければいけないというものが性的興奮よりもプレッシャーが勝ってしまってうまく出来なくなってしまうのです。

正直言ってしまえば女性からしてみればちゃんと性行為ぐらいはしてよって思うでしょう。

男性よりも女性のほうがやはり焦る気持ちはあると思います。

両親や周りから言われることも多いのでどうしても気持ちが焦ってしまいますし、高齢出産になればなるほど母子共に負担がかかります。

性行為ぐらいはきちんとして欲しいと言う気持ちが出てしまいます。

うまく出来ないことで夫婦仲が冷え切ってしまうこともあります。

そんな時でもやはりED治療薬が役に立つのです。ED治療薬を服用することで勃起しやすくなるのでスムーズに性行為をする事が可能になります。

これで余計なストレスを増やさなくて良くなります。

ただし、ED治療薬を使うことで胎児に影響が出たり、染色体異常が起こるのではないかって不安に思っている人もいるかもしれません。

結論から言うとED治療薬による胎児への影響や染色体異常になるといった報告は一切ありません。

というのもED治療薬はあくまでも血管を拡張させて血流を陰茎海綿体に一気に集めることで勃起を促す作用があります。

また勃起を収めようとするのを阻害させて長く勃起させるようにする効果なんです。

精子や卵子に影響を与えると言う成分が入っていないのです。

だからこそ安心して利用することが出来ます。

それでも心配と言うのであれば不妊治療専門の病院で相談をして診ましょう。

ちなみに不妊治療専門の医者から念のためにED治療薬を渡されることもあります。

今まで別に勃起不全になったことが無いという人でもプレッシャーから勃起不全に陥ることもあるということで渡されるのです。

まず大丈夫ですが、相談をして診ましょう。

↑ PAGE TOP