ED治療薬の副作用

様々な症状が出る

ED治療薬の副作用

副作用が強い場合は使用を控えよう

ED治療薬は世界中に利用者がいて多くの人が助かっている薬でもあります。

しかし、日本ではドラッグストアなどでは販売されておらず、病院で処方してもらうのが一般的ですよね。

こんなにも優れた医薬品なのにも関わらずドラッグストアでなぜ販売されていないんだ?って考えた人もいるでしょう。

もっと身近に手軽に買えたらいいのにって思うかもしれませんが、ドラッグストアなどで手に入れることが出来ない理由がちゃんとあるんです。

それはED治療薬は副作用が強いと言う点です。

時に誤った使い方をしてしまうと命に関わる危険性を伴っており、これまでに何度もED治療薬を過剰に摂取してしまったことで救急車で運ばれてしまったと言うケースも沢山あります。

“薬”だからといって適当に服用してしまうと非常に痛い目にあってしまうだけではすまない展開にもなりえるので十分に注意をしましょう。

どうしても薬だから適当に飲んでも大丈夫と思ってしまう人もいます。

ED治療薬がドラッグストアで販売されていないのはそれだけ副作用が強いと言うことは覚えておかなくてはいけません。

具体的にどんな副作用があるのかと言うと。

服用した人のおよそ9割に見られるのが顔の紅潮や目の充血などがあります。

焦る必要はなく、むしろ薬が効いてきた合図だと思っていいでしょう。

他にはズキズキする二日酔いのような頭痛、他にはめまい、他には光に敏感になったりするケースもあります。

人によって副作用はさまざまですし、その日の体調にも左右されます。

当然睡眠不足だったり、体が疲れているときに服用すれば副作用が現れやすくなります。

基本的には薬の作用が切れると共に副作用も同じように無くなっていきます。

またシアリスに関しては36時間副作用が続くのか?っていったらそうではなく、むしろシアリスに関しては副作用が出づらいように開発されていますので長時間副作用で苦しめられると言うことはないでしょう。

副作用が強く出てしまった場合は無理して動こうとはせずに体を休めてください。

また副作用が出ているときの車の運転などは控えるようにしましょう。

ED治療薬は副作用が出るものと思って考えて服用するようにしましょう。

↑ PAGE TOP