ステンドラジェネリック

最新の第4のED治療薬

ステンドラジェネリック

>>アバナを購入する<<

他のED治療薬のいい所取り

世界中で名前が知れ渡っているED治療薬といえばバイアグラ・レビトラ・シアリスの3大ED治療薬とも呼ばれるほど有名ですよね。

しかし、シアリスが誕生したのが2004年ごろで大分昔の話になっています。

それから全く新しいED治療薬は発売されていないのか?ってなったら決してそうではありません。

医学の進歩はどんどん進んでいるわけですから当然新しい薬と言うのは開発されているわけです。

日本ではまだ知られていない最新の医薬品と言うのも出てきています。

それが第4のED治療薬と言われているステンドラです。

このステンドラの主成分であるアバナフィルと言う成分は実は最初日本の田辺製薬会社が作っていました。

それをアメリカのVIVUS社に日本とアジアの一部の販売権だけは残した状態で全て譲渡したのです。

今はまだ日本では認可されていないステンドラですが、元々日本は薬の認可が非常に遅いですよね。

未承認薬と言うことで怖いと感じるかもしれませんが、アメリカはもちろん、お隣の韓国やアジア諸国で発売されています。

またこれまでに発売されたED治療薬でも規格が制限されたのはバイアグラの100mg錠ぐらいであり、それ以外は全てそのままの規格で販売されています。

バイアグラの100m錠も異例のスピードで認可をしたために何か問題があってはいけないということで主成分量の多い100mg錠だけが認可されなかったと言うのが大きい理由です。

つまり認可の許可が降りていないだけであり、世界中で利用者が多いのでまず安心して利用することが出来ます。

また主成分アバナフィルの特徴としてはこれまでのED治療薬の良いところを集めた薬があります。

レビトラと同じ即効性があり、シアリスのように副作用が少なく食事の影響を受けづらいと言うのがあります。

もちろん副作用の大小というのは個人差があり、その日の体調によっても変わってきますので一概には言えませんが、ED治療薬は副作用が辛いと感じて居る人はありがたいと言えるでしょう。

持続作用時間はバイアグラと同じ5時間ほど効果を発揮するので性行為をするのは十分すぎると言っていいでしょう。

日本では未認可の医薬品ではありますが、もうステンドラのジェネリック医薬品であるアバナが誕生しています。

試してみたいなぁ~って思っている人はジェネリック医薬品を使えばお試ししやすいと言えるでしょう。

日本ではステンドラさえ発売されていませんが、そのジェネリック医薬品が誕生していると言うことを考えるといかに日本で薬が認可されるのが遅いかが分かると思います。

まずは医薬品個人輸入代行サイトを利用してお試しで最新のED治療薬を試してみましょう。

>>アバナを購入する<<

↑ PAGE TOP