バイアグラ

最初のED治療薬

バイアグラ

>>バイアグラを購入する<<

世界中の人たちが待ち望んだ薬

ED治療薬といえばもう老若男女誰もが知っているのがこのバイアグラですよね。

世界中で多くの人が待ち望んだ待望の医薬品であり、もはやED治療の代名詞となっています。

バイアグラ以前に発売されていたものは医薬品としてしっかりとした効果があると認められたものはありませんでした。

そのため、ちゃんとした商品もあったのですが、その反面なんの効果もないのにも関わらずさも効果があるように謳って勃起不全に悩む人たちを騙していた輩も存在していました。

それがバイアグラが誕生したことによってきちんとして臨床データを元に認められた医薬品であるということから発売前から話題になりました。

バイアグラはアメリカのファイザー社から発売されて瞬く間に全米で注文が殺到し、世界中の勃起不全に悩む人が買い求めたのです。

バイアグラが誕生したのは1998年の1月です。

日本でもバイアグラは話題となっていて、日本で発売される前からわざわざアメリカに購入しに行ったり、個人輸入をして手に入れていた人もいます。

日本は薬の認可が降りるのがかなり時間がかかるのですが、翌年の1999年には日本の病院でも処方されるようになったのです。

この異例のスピードで認可されたのには理由があります。

というのもまだしっかりとバイアグラの効果や正しい服用方法がきちんと伝わっていなかったので誤った方法で服用してしまったり、過剰に摂取してしまう人が多く出てきました。

これによって救急車で運ばれる人が続出したり、時には命に関わるまでに至った事例も少なくなかったのです。

当時インターネットはまだ日本で全然普及していなかったためにしっかりと伝わらなかったのです。

またこれまでに発売された居たものはどうしても媚薬効果があるものが多く発売されていました。

性的興奮を促して性的意欲を掻き立てる商品が多かったのですが、バイアグラは血管を拡張させて血流をよくして陰茎海綿体に血流を集める薬ですよね。

未だにバイアグラには媚薬効果があると思っている人も多いですが、バイアグラをはじめとしたED治療薬には媚薬効果は含まれて居ません。

そのため仕事中などにED治療薬を服用したとしても視覚やシチュエーションなどで性的興奮する状況が無ければ勃起には至りません。

日常生活で困ると言うことはないのです。

当時は誤った服用方法や過剰摂取をする人が非常に多く問題視されていました。

被害が拡大する前にしっかりと病院で処方されるようにすべきということで異例のスピードで販売されるようになったのです。

ただし、本来バイアグラと言うのは主成分シルデナフィルの含有量の違いによって分けられた【25mg錠・50mg錠・100mg錠】の3つの規格で販売されています。

しかし、日本で発売が許可されているのは【25mg錠・50mg錠】の2つまでです。

なぜ100mg錠が販売されていないのかと言うと1つは日本人の体型であれば50mg錠で十分効果を発揮して100mg錠の場合は副作用が強く出てしまうと言うこと。

もう1つはバイアグラは認可を下りるのは異例のスピードでした。

そのためもし認可したのにも関わらず問題が発生した場合は責任は厚労省にいきます。

問題が起こらないようにする為に100mg錠は許可されなかったのではないかと言われているのです。

これはバイアグラのジェネリック医薬品についても日本では未だに100mg錠は販売されていません。

100mg錠を試してみたいと思ったら医薬品個人輸入代行サイトを利用するしかないのです。

バイアグラが誕生してからこれまでにレビトラ・シアリス・アバナなど沢山のED治療薬が誕生しましたが、未だにバイアグラを利用している人は多いです。

やはりバイアグラと言う知名度で最初に試してみたいと言う人も多いです。

また薬には相性がありますから人によって合う合わないは出てくるので長く利用している人が居ます。

バイアグラの服用法として必ず胃がからっぽの状態で服用してください。バイアグラは食事の影響を受けやすいです。

服用してから大体40分から1時間ほどで効いて来ますので大体性行為の1時間前ほどに服用しておくように心がけましょう。

薬の効果時間は5時間ほどありますので性行為をするのは十分すぎるほど時間があると思っていいでしょう。

バイアグラの有名な話としては最初は狭心症の薬として作られていたのですが、開発が難航して中止が決定されました。

しかし、被験者の方に薬の返却を求めると薬を返したがらない人が大勢居たので、理由を聞くと勃起不全が解消されたとか、中折れしなくなったと言う話を聞いて、だったら勃起不全治療薬として開発を進めていこうという流れになったのです。

つまりここで被験者が拒まずに素直に渡していたらバイアグラは誕生しなかったかもしれません。

偶然が生まれた医薬品だったのです。

そこから多くの人がバイアグラを使用して自分だけではなくてパートナーをも救ったのです。

>>バイアグラを購入する<<

↑ PAGE TOP